CNBLUE(シーエヌブルー)初のドキュメンタリー映画『The Story of CNBLUE / NEVER STOP』舞台挨拶レポート!(全2ページ)

CNBLUE舞台挨拶13
1月17日(金)にファン待望のCNBLUE初のドキュメンタリー映画『The Story of CNBLUE / NEVER STOP』公開記念の舞台挨拶は17日‐18日の2日間にわたり、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズららぽーと横浜、TOHOシネマズ川崎にて全8回開催され、メンバー4人揃って登壇した。
1月18日(土)東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた7回目の舞台挨拶の様子をレポートします!

■関連記事
CNBLUE(シーエヌブルー)ヨンファのフォトレポート(全3ページ)
CNBLUE(シーエヌブルー)ミンヒョクのフォトレポート(全2ページ)
CNBLUE(シーエヌブルー)ジョンヒョンのフォトレポート
CNBLUE(シーエヌブルー)ジョンシンのフォトレポート

CNBLUE舞台挨拶

会場には公開を待ちわび、本作を鑑賞し終わったばかりで感動でいっぱいのファンで満席となっていた。そんな中、CNBLUEメンバーのカン・ミンヒョク、ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、イ・ジョンシン、監督の田容承(ジョン・ヨンスン)の順にCNBLUEの「LADY」をBGMに登壇。まだ興奮冷めやまぬファンの絶賛の大きな拍手と声援で会場はあたたかい雰囲気に包まれながら4人の流暢な日本語で行われ、メンバーは終始笑顔で、そして後半は大爆笑の、楽しい舞台挨拶となった。

CNBLUE舞台挨拶2

CNBLUE舞台挨拶3

CNBLUE舞台挨拶4

CNBLUE舞台挨拶5

CNBLUE舞台挨拶6

MC:お一人ずつ今日を迎えての感想、ご挨拶をお願いします。
ジョンシン:はい、こんにちは!ベースのジョンシンです。(拍手)どうですか『NEVER STOP』?(ファンからは大きな拍手と歓声)いいでしたか?えぇと、 僕たちの気持ちが、みなさんにちゃんと伝わったら嬉しいですね。ありがとうございます。
ジョンヒョン:こんばんは、ジョンヒョンです。こんなたくさんのみなさんが観に来てくれて、ホントにありがとうございます。えぇと、続けて頑張りますんで応援してください。ありがとうございます!
ヨンファ:こんにちは、ヨンファです。たくさん来てくれて、ありがとうございます。今日は楽しんでください。よろしくぅ!(笑)
ミンヒョク:こんにちは、ドラムのミンヒョクです。最初から今までのCNBLUEの『NEVER STOP』でしたけど、今からもCNBLUE 、NEVER STOPしますので、ぜひ楽しみにしてください。ありがとうございます

MC:そして、およそ1年間をかけてメンバーを追い続け、素敵な映画を完成させました、ジョン監督、お願いいたします
田容承(ジョン・ヨンスン)監督:監督のジョンと申します。しばらくの間、本当に来る日も来る日もCNBLUEのことを考えて、ほとんど24時間「今日はどうしてるのか?」とか「ヨンファさん、今日ちょっと様子が変だな。」とか、「ジョンシンは本当にご飯が作れるのか?(笑)」とかですね、「ミンヒョクさん、今日は元気なかったな。」とか「ジョンヒョンさんは格闘技やってて怪我したらどうしよう」とか、そういうことばかり考えながら今日を迎えることができましたので、非常にホッとしています。同時に、この素晴らしいメンバーたちとの仕事は今日が最後になりますので、最後と考えると、とても寂しい気持ちでもあります。明日からはファンのみなさんと同じように、いろんな映画館に行って一緒にこの映画を観続けたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします(拍手)

MC:それでは、みなさんにお聞きします。今回の映画の中で客観的にご覧になって一番好きなシーン、そしてちょっと恥ずかしいなというシーンは?
ヨンファ:好きなシーンはサマーソニックのとき、プロとして話し合ったときが一番好きなシーンです。恥ずかしいシーンは、オーストラリアで横断歩道を渡るシーンです。(笑いと拍手)「ド、ド、ド、ド・・・・(オーストラリアの信号の音)」これ観て、ちょっと・・・ちょっと、恥ずかしかったんです(笑)
MC:サマーソニックのステージを終えた後の話し合いのシーン、かなり、みなさんドキッとされたんじゃないかと思いますけれども、印象に残るシーンでもあります。もちろん、横断歩道のシーンも、印象に残るシーンでもありました
ジョンヒョン:僕は、一番好きなシーンは・・・最後ですよね。やっぱり、エンディングが一番いいと思いますね。ドキュメンタリーですけど、でも映画だからやっぱり最後が一番いいんじゃないかなと思ってみて。映画って、最後にいろんな力が入ってますから、いいと思います(笑いと拍手)。あと恥ずかしいシーンは、恥ずかしいシーンというか・・・今日で全部やって8回くらい舞台挨拶あったんですけど、同じことをずっと言ってるのが一番恥ずかしいというか(笑)。なんか、結構、毎回来てくれてるファンの方もいらっしゃるんで、恥ずかしいですよね
MC:まぁ、質問するほうも段々恥ずかしくなってきちゃいますね
ジョンヒョン:そうですよね。これも、もう2~3回くらい言って、ホントに恥ずかしいですよね(笑)
MC:もう、このくだりも使えなくなりましたね
ジョンヒョン:もう最後だからいいと思います
MC:実は、このあともう1回ありますからね
ジョンヒョン:まぁ、最後は変わってやってみます。他ので、考えてきますから。

MC:ミンヒョクさん、いかがですか?
ミンヒョク:映画は、全体的にほんとにいい映画だと思いますけど、自分のを自分が観て、正直、恥ずかしいですから。やっぱりあいだあいだの演奏シーンが、ホントに僕は大好きです。恥ずかしいシーンは・・・昔に涙を流すことが、ちょっと恥ずかしいですね(笑)。子どもの時ですから!今は大丈夫です!

MC:さぁ、ジョンシンさん、いかがですか?
ジョンシン:僕が好きなところは、昔に僕たちがストリートラブとかライブハウスでライブやったところに来て、感じているとか・・・懐かしいし嬉しいし、いろんな感情がありました。
ヨンファ:そうすか。そうすね。(とジョンシンのマネをするヨンファに会場から笑いが。)
ジョンシン:そして、恥ずかしいシーンは特にないんですけど・・・
ジョンヒョン:今、恥ずかしいですよね(笑)今ですよね!
ジョンシン:お料理するシーンがあるんですけど、多分みなさんが僕よりお料理が上手ですから。
ジョンヒョン:100%です。絶対(笑)
ジョンシン:絶対。それがちょっと恥ずかしいですね(笑)

MC:監督ならではのご苦労や、いろいろ印象に残った点もあるかと思いますが、お話しいただけますか
監督本当にまじめな話、この4人のメンバーというのは、こうやって並で楽しく話しているときの印象と、ライブの前後の印象というのは完全に違ってまして。最初に撮影を始めたころに、彼らのライブの前後のその空気感というか、
彼らだけの時間あるいはその領域に、どうやってカメラを持って踏み込んでいけばいいのかな、というのが非常に悩ましくて。最初のころは30分とか1時間の撮影が終わっても、ぐったりしてしまうようなことが多々ありました。ただし、その中でもいいライブが終わったあとに、それぞれ個人の、ひとりひとりの素晴らしい青年に戻ったときの彼らの人間性というのが非常にあたたかくて、合間合間に声をかけてくれたり、挨拶をしてくれたりしてるときに、すごくホッとして、撮影のスタッフも頑張ってやれたんじゃないかと思ってます

MC:一番最初、リハーサルに行かれてちゃんと顔合わせをしないまま始まったという話もありましたよね?
監督:あのぉ、ミンヒョクさんに撮影を止められてしまったんですけれども(笑)、実はそれはメンバーたちが機嫌が悪くて起きたためではなくてですね、この映画の企画がスタートしたころはちょうどワールドツアーが目前に迫っていて、一番最初に台湾でスタートしたときは、撮影クルーは行ったんですけど、私はそこに参加できなかったんですね。次の撮影がソウルでのライブで、私が合流できたのはソウルでのライブで。いわば、メンバーたちにちゃんと挨拶ができないまま、とても大事な撮影が始まってしまった状況でした。そういった中で「こうやって付き合っていたったら、この映画大丈夫なのかな。」って、すごくどきどきして心配していたんですけれども。結果的にはメンバーひとりひとりがそう言った、自分たちの真剣なところを記録していることも理解してくれましたし、結果的には素晴らしい緊張感のあふれるシーンになったのではないかと思っています(拍手)

MC:みなさん、覚えています?監督とのファーストコンタクトを
ジョンヒョン:そうですね、びっくりしましたね。急に・・・撮影するとは聞いてたんですけど、急に、いきなり始めちゃって。「え、 どうなるんだろう?」って思いましたね。説明もないし、いきなり来て撮ってるから、だからミンヒョクが怒ったかも知れないですね(笑)
ミンヒョク:怒ってない。ホントに優しくて(笑)
ジョンヒョン:それが一番、こわいから(笑)
監督:でも、みなさん感じたと思うんですけれど、ミンヒョクさんの言葉はとても丁寧な韓国語でお断りしてるので、すごくありがたいなと思いました(笑)
MC:丁重にお断りした、ということですね
ヨンファ:優しいな~(笑)

MC:せっかくですから、「実はここ(映画)では映っていないけど、実はこんなことがあった」というをしていただきたいと思います
ヨンファ:あぁ~。監督さんが家(合宿所)に来たとき、皿洗いを誰がするかゲームやったんです。ゲームは“黒ひげ”というゲームをやったんですけど、メンバーと監督さんとスタッフ全部でやったんですけど、マネージャーさんが(皿洗いを)しましたね(笑)。
監督:メンバー4人が共同生活をしているので、何かお土産を持っていきたいと思ったときに、“黒ひげ”であればどこかで使える機会があるんじゃないかな、と思って、お土産としてプレゼントしたんです。そうしたらヨンファさんが意地悪で(笑)、「監督もスタッフもみんな、ご飯を食べたあとゲームをやって誰かが皿を洗いましょう。」っていうことでしたよね?
ヨンファ:そうです(笑)
ミンヒョク:そのときヨンファさんが最初にやって次に僕がやって、次がマネージャーさんですけど、ヨンファさんがナイフをあげて、「なんか、マネージャーが引っかかる感じがある。」って。マネージャーさんがやったんですけど、ホントに黒ひげが(黒ひげが飛び出るジェスチャーをしながら)バーッて(笑)
ヨンファ:このイメージのゲームです(笑)

MC:ジョンヒョンさんは、いかがですか?裏話はありますか?
ジョンヒョン:「実は・・・」ですか?
MC:はい、「実は・・・」的な
ジョンヒョン:実は・・・そういう、「本当はこうだったんです。」とか、あるはず無かったんですよね。監督さんがずーっと、24時間、何日かずーっと撮ってるから。普通はそういうのあるじゃないですか。映画とかこいいうドキュメンタリー撮るんだと聞くと、もっとカッコ良く見えるるように頑張ろうとか思うかも知れないんですけど。ずーっと撮ってるから、やっぱり人間って無理だったんです(笑)。いやぁー、ずーっと撮ってるから仕方なく、全部・・・そうですね。カッコ良くだけではできなかったんですよね。へんな動きとかやっちゃったり(笑)
MC:格好つけるのにも限界があるということでしょうかね?
ジョンヒョン:そうですよね、無理ですよね(笑)
MC:では、偽りのない姿をみなさんにご覧いただいたということですか?
ジョンヒョン:そうですね。だから・・・だから、もっといいと思うんですけど。やっぱり監督さんはこわかったんですよね(笑)。昨日も最後に挨拶するときに、寂しいって思って、みんな「頑張ってくれてありがとうございます。」とか言ったんですけど、監督さんが「もう一回、次撮ろう。」って言われて。「いや、ちょっとそれは~。」って言ったんですけど(笑)。ほんとは、この次に、機会があったらもう一回やってみたいですね。
監督:ありがとうございます!(監督さん、とても嬉しそうでした)(大拍手)

MC:みなさんも、これはぜひ、実現していただきたいんじゃないかと思いますが。ミンヒョクさんは、いかがですか?
ミンヒョク:僕たちがオーストラリアにワールドツアーのために行ったんですけど、そのとき4人で一緒にビールを飲むシーンがあります。そのとき、全部撮影が終わって、ほんとに「4人でビールを飲むか?」と話しましたけど、そのとき隣の外国人が、なんか写真撮りたくて・・・しょっぱい人です。(笑)しょっぱい・・・酔っ払った・・・
メンバー:しょっぱい!? しょっぱい人ってどういう人ですか? しょっぱい、て?ちょっとしょっぱい!(大爆笑)
ミンヒョク:(とても恥ずかしそうに)酔っ払ってる人(笑)
ジョンヒョン:しょっぱい人ってどういう人ですか? すごいですね~(笑)
ミンヒョク:前、ずっとジョンシンの味噌汁が・・・しょっぱくて(大爆笑と拍手)
ジョンヒョン:それがショックになって・・・
ミンヒョク:ちょっと・・・
ジョンヒョン:ショックになって・・・なるほど(笑)
ジョンシン:しょっぱい人・・・面白いですね(笑)
MC:今日ずっと、ジョンシンさんの味噌チゲがしょっぱかったっていう話をしてたんで、しょっぱいづいてしまったんでしょうね(大爆笑)
メンバー:ははは!(大爆笑。ミンヒョクは、とても恥ずかしそうにヨンファの後ろに隠れたり、笑ったり)
ジョンヒョン:しょっぱくて、すみません。酔っ払った人・・・
ミンヒョク:酔っ払った人でしたね、はい・・・
ジョンヒョン:酔っ払った人が、しょっぱい・・・ごめんなさい・・・
(ミンヒョクの「しょっぱい人」発言で、メンバーもファンも笑いが止まらない)
ミンヒョク:酔っ払った人が、僕たちと一緒に写真撮りたくて。酔っ払ってこわかったですけど、監督さんがもっとこわくて・・・止めてくれました。
MC:監督が守ってくれたんですね
ミンヒョク:今考えれば、あの人はファンじゃなくて、ただ・・・撮影中で、有名人みたいですから写真を欲しかったんじゃないかなと思います。
MC:カメラに反応しちゃったんだね。
ジョンヒョン:ただ「何者だろう?」と思って、写真撮ろうって思ったかもしれないんですけど、しょっぱい人だったんですよね(笑)
MC:さすが、うまく締めてくれました
ジョンヒョン:(ミンヒョクに)ごめんね
ミンヒョク:ほんとに、2014年の一番恥ずかしいことじゃないかなと思います(笑いと拍手)

MC:ジョンシンさんは、いかがですか?撮影の裏話など
ジョンシン:はぁ。しょっぱい話が強くて・・・プレッシャーありますね(笑)。実は、僕は特にないんですけど。監督さんが、僕がドラマ撮影中でしたから馬に乗るシーンを撮りたいと話したんですけど、それが撮らなくてちょっと残念でしたね
MC:馬に乗るシーンを撮る予定もあったんですね?
監督:そうなんですよ。ジョンシンさんは初めて時代劇に出て、乗馬も覚えて。ドラマの中で女性の主人公を馬に乗せて走ったり、ある意味ちょっと危険じゃないかなと思うようなシーンにもチャレンジしてましたので、それをぜひ撮りたかったのですが、なかなかその現場にいろいろな状況で、天気が悪かったりして撮なくて、非常に残念でした

MC:また第二作、第三作・・・機会があったら。
ジョンシン:はい。『The Story of CNBLUE』、『またCNBLUE』でいきましょう(笑)

ページ下部より次のページに続きます!


次のページへ続く