悪質なネットユーザーからJYJを守れ!所属事務所が戦争宣言!

人気グループJYJの所属事務所であるC-jesエンターテイメントが今月3日、公式ホームページに悪質なネットユーザーに対して厳重警告する文章を掲載、これが「JYJの所属事務所の戦争宣言」と韓国で話題となっている。

C-jesエンターテイメントは「当社は根拠のない嘘の噂を流し、悪意ある書き込みで所属アーティストを批判、名誉棄損の被害を与えるようなことがあれば、サイバー捜査隊に通報し法的訴訟も辞さない」との立場を明らかにした。

現在までJYJはネット上でかなりの被害を受けているとのことで、JYJのメンバーが出演するドラマや映画の批判や、ひどいものでは「○○死亡」というキーワードを各サイトに集中検索することにより検索語ランキングにランキングするような手法や、血を流している写真を合成するなどさまざまな悪質な手が使われていたとのことだ。

所属事務所は今年だけでも20人を超える悪意のあるネットユーザーを告訴しており、先に上げたような悪質行為に対して厳しい処置を取っている。

関係者は「すでに立件され法的処置を受けた被疑者の中には未成年もおり、その場合再発防止のための覚書を書かせたりもした。ほとんどは身元を確認し善処してきたが、結局悪質な書き込みはなくならなかった。この警告文の告知後も同様のケースがあれば合意なしで法に従って厳重に処置する」とした上で、「これはJYJだけでなく他の善意あるファンをも傷つける行為なので絶対に許せない」と強調している。

被害行為などの内容も伝えられたことから、ファンからは「ひどすぎる!」「絶対に許せない」「ちゃんと処罰を受けるべき」などの声が寄せられている。

写真:韓国コスメ・トニーモリー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA