悪童ミュージシャン、YGエンターテイメントと契約

悪童ミュージシャンの写真
人気オーディション番組SBS「KPOP STAR2」で優勝、どの所属事務所を選択するのか大きな注目を集めていた兄妹デュオ悪童ミュージシャンが所属事務所をYGエンターテイメントに決定したことを発表した。

同決定に関し、悪童ミュージシャンの2人は「私たちの音楽を最もよくサポートしてくれるところがYGエンターテイメントだと思った。良い環境で、より良い音楽を作りたい」とYGエンターテイメントと専属契約を結んだ理由を説明した。

「KPOP STAR2」放送段階から悪童ミュージシャンに大きな関心と期待を抱いていたYGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク代表も「(悪童ミュージシャン)は無限の可能性を秘めている音楽の天才だ。今後がとても期待できる」と大きな期待感を示した。また、ヤン代表は「YGエンターテイメントは、彼らが自由に描いた絵を保護するフレームとガラスの役目をしなければならないのであって上塗りをする役割はないと思う」と悪童ミュージシャンが持つ独自のピュアな感性と天才的な才能をそのまま生かす方針であることを明らかにした。「KPOP STAR2」出演中に多数のヒット曲を出した悪童ミュージシャンは、かなり速いスピードでデビューする可能性が高いと見られている。

先日発表された悪童ミュージシャンのCMソング「豆餅カキ氷」はイ・ヒョリを抜いて一気に8つの音源チャート1位にランクインするという勢いを見せている。ウィットに富んだ歌詞となじみやすいメロディが特徴の同曲は既に夏の定番ソング代表候補に挙がっており、業界関係者からの今後の活動への関心も熱い。

写真:SBS「KPOP STAR2」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA